読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一二三四五六七

その時に感じたことを書きたいです。

『銀色、遥か』感想

『銀色、遥か (tone work’s) (2016-08-26)』コンプ。

プレイ時間自体はめちゃくちゃ長くて35hくらいなんですけど、ほとんど飽きずに全√プレイできました。満足感と感謝しか無いです。

彼と彼女の、色々な人生を見届けることが出来て本当に嬉しく思います。

 

ーーー君と初めて過ごした冬。そして、10年後に過ごす冬。

中学生編、学園編、アフター編と三部構成で描かれる、まばゆい恋の物語。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー 

プレイ時間は35~40時間ほどで、結構な分量でした。ボイス有りです。

 

中学編というエロゲでは珍しい時間軸から10年という長いスパンで物語を描かれていることで、主人公とヒロインとの色々な人生を見届けることが出来ました。

EDムービーが卑怯で、普通にだいたい泣いていました。中盤にも挿入歌がかかる場面でも盛り上がりがあって、そこでも泣いてましたね。

 

物語の始まりを予感させ、距離を近づけてゆく中学編

彼女と心を交わし絆を深めてゆく学園編

彼女と契りを結び一緒の人生を過ごしてゆくアフター編。

どの√もとても丁寧で、そのヒロインとだからこそ歩める人生だと強く実感出来ます。

 

さっきから人生、人生言っていますが、この作品をプレイしての正直な感想が

「『銀色、遥か』は人生。」

なんですよね。

 

もう少し正確に言うと、

 

「自分の人生に影響を及ぼすような強いものはないが、『銀色、遥か』では主人公とヒロインとの若いうちの一生が描かれており、それを見届けることが出来て自分は良かったと思う。」

 

という感じです。

 

メッセージ性とかそういう強いものはないんですが、あれは確かに人生でした。

 

どういうところが特徴的だったかというと、 一番は、

主人公に決まった夢がないため付き合うヒロインとの関り合いによってやりたいことが決まり、ヒロイン毎に就くことになる職が異なる、という点ですね。

 

このことによって、そのヒロインと付き合うことで歩むことになる将来という意味付けが為されていて、そのヒロインとの人生"だからこそ"という感覚が新鮮でした。

 

そのせいで主人公万能すぎだろ、みたいな意見も出てるみたいですけど、コンセプト単位での仕掛けなので已む無しであり自分的にはOKという感じです。

また、物語に起伏がなさすぎるという意見も分からなくはないんですが、「人生にそんな起伏なんてあまりない」ことを思えば、コンセプト上の許容範囲内でした。

日常が数ヵ月単位飛んで描かれるのも、長いスパンで描くかつ人生に起伏はそんなにないという点からも、コンセプト的に仕方ない範囲かなと。

 

あと、このブランドの作品の例に漏れず、BGMも歌曲もとても素敵でした。

特に、EDムービーはどれも非常に良かったですね。個人的にべスリー√のが一番です。

挿入歌「夢の季節」とED「beloved story」「ヒマワリ」もかなりお気に入りでした。

ここ最近毎日『銀色、遥か Vocal Collection』を聴いては思いを馳せています。

 

 

 

 

詳しい感想については後日また書きたくなったら書きたいと思います。

まぁなんとか気力を振り絞って頑張りたいですね。

爆速で駆け抜けて新作の感想を書くのもやってみたいことのひとつだったので。

 

短いですが、一つモヤモヤしてることがあるので少しだけ。

ちなみに、ver1.01でプレイしたので1.02では修正されてるかもしれません。

 

某√最後のキャプチャ画像を見て下さい。

f:id:no1234shame567:20160903022428p:plain

上の画像、二行目に「never lasting love story」とあります。

これがどのような意味であるかは、作中の文脈から「ずっと終わらないラブストーリー」だと判断されます。

これは、ED曲「beloved story」(めっちゃ好き)の歌詞に「ずっとずっと終わることないnever lasting love story」とあることからも分かります。

 

さて、なにが言いたいかというと、「ぶっちゃけその英語間違ってないか!?」ということです。

普通に「never lasting love story」を訳せば「決して続くことのないラブストーリー」となり、最早意図したかったであろうことと真逆の意味になってしまいます。

安直に訂正するのであれば「ever lasting」もしくは「never ending」なんじゃないかな、と思います。

 

個人的には、これは何かしらの「意図」があってのことであり、ただ自分がそれを汲み取れていないだけである、という状況であることを切に願っています。

 

作中の「never lasting love story」で合ってるよバーカという人は、コメント欄にでも理由を添えて書き込んでくれると大変助かります。

 

ちなみに、自分は"英検5級"所持者です。

 

2016.9.10 追記

tonework's様より当該箇所について回答を頂きました。

 

>”ever lasting love story”の間違いでございました。
ムービーの文字に関しては以後のパッチで修正対応の予定でございます。

 

とのことです。

「beloved story」はもう録っちゃてるものなので多分修正ないです。

仕方ないですね...